BiiMiiユーザー利用規約

本規約は、株式会社BiiMii Media Partner(以下「当社」といいます。)が提供するBiiMiiという名称のサービス(理由の如何を問わずサービスの名称または内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含み、以下「本サービス」といいます。)について、本サービスのユーザー(第1条にて定義)と当社との権利義務関係を定めるものです。
ユーザーとして本サービスの利用を希望される方は、本規約の内容を十分に確認し、本規約の内容に同意した上で本サービスをご利用いただく必要があります。

第1条 定義
本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。
(1) 「アカウント情報」とは、第4条第1項に定める「アカウント情報」を意味します。
(2) 「外部サービス」とは、当社以外の第三者が提供する当社所定のサービスであって、本サービスと連携するサービスを意味します。
(3) 「個人情報」とは、個人情報の保護に関する法律第2条第1項に定める「個人情報」を意味します。
(4) 「サービス利用契約」とは、本規約に基づき当社とユーザー(本条第9号にて定義)の間で締結される本規約の内容に従った本サービスの利用に関する契約を意味します。
(5) 「知的財産権」とは、特許権、著作権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。
(6) 「パートナー」とは、飲食店その他の店舗を運営する事業者であって、自己が営む事業の広告宣伝のために本サービスを利用する者のうち、当社との間で当社所定の契約を締結した者を意味します。
(7) 「パートナークーポン」とは、パートナーが本サービス上でQRコードその他の当社所定の方式で表示する番号、記号その他の符号であって、当該符号をパートナーに提示したユーザーに対してパートナーの提供する商品またはサービスの対価の減額その他の一定の経済的利益を付与する旨をパートナーが本サービス上で表示しているものを意味します。
(8) 「反社会的勢力等」とは、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業または団体、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他暴力、威力または詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団または個人を意味します。
(9) 「ユーザー」とは、本サービスの利用を希望する者(飲食店その他の店舗を運営する事業者であって、自己が営む事業の広告宣伝のために本サービスの利用を希望する者を除きます。)のうち、当社が当社所定の手続を経て本サービスの利用を許諾した者を意味します。

第2条 利用契約の成立
1. ユーザーとして本サービスの利用を希望する者(以下本条において「利用希望者」といいます。)は、当社所定の手続に従って当社に対し、当社所定の情報を提供するとともに、ユーザーとして本サービスの利用を希望する旨を通知し、当社から当社所定の方法で本サービスの利用の許諾を受けることによって、ユーザーとして本サービスを利用する地位を得るものとします。なお、利用希望者が本条の定めに基づいてユーザーとして本サービスを利用する地位を得た時点をもって、当該利用希望者と当社との間では、サービス利用契約が成立するものとします。
2. ユーザーは、前項の定めに基づく当社への情報提供にあたっては、真実、正確かつ最新の情報を提供しなければならないものとします。

第3条 サービスの利用
1. サービス利用契約の成立後、ユーザーは本規約の内容に従い、動画の閲覧等を通じて飲食店を検索する目的で本サービスを利用できるものとします。
2. ユーザーは、本サービスを通じて発見したパートナーとユーザーとの間で売買契約その他の契約(以下本条において「本件提供契約」といいます。)を締結した場合に関し、当社が如何なる意味においても契約当事者としての責任を負わないことを理解した上で本サービスを利用するものとします。
3. ユーザーは、パートナーとの間で本件提供契約を締結した場合には、当該契約を誠実に履行するものとします。また、ユーザーは、パートナークーポンを使用する場合には、当該パートナークーポンに関してパートナーが本サービス上で表示する行使条件(複数種類のパートナークーポンの同時利用に関する条件を含みますが、これに限られません。)その他の使用方法を遵守するものとします。なお、ユーザーは、パートナーが別段の表示を行う場合を除き、同一のパートナークーポンを同一会計時に複数回にわたって使用することはできないものとします。

第4条 アカウント情報の管理
1. ユーザーは、自己の責任において、本サービスの利用に必要なIDおよびパスワード(ユーザーが本サービス利用前に登録済みの外部サービスの登録情報を利用して本サービスを利用する場合には当該登録情報を含み、以下「アカウント情報」といいます。)を適切に管理するものとします。
2. ユーザーは、当該ユーザーのアカウント情報について、第三者による利用を明示または黙示に承諾もしくは許容してはならないものとします。また、ユーザーは、 アカウント情報が第三者に使用されている可能性を認識した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとし、ユーザーが当該通知を怠った場合には、当社は、当該ユーザーが当該ユーザーのアカウント情報について、第三者による利用を明示または黙示に承諾もしくは許容したものとみなすことができるものとします。
3. 当社は、任意のアカウント情報を使用して本サービスが利用された場合には、当該本サービスの利用について、当社所定の方法に従って本サービスにおいて当該アカウント情報を自己のアカウント情報として割り当てられたユーザーによる利用とみなすことができるものとします。但し、ユーザーが前項の定めに違反していない場合には、この限りではないものとします。
4. アカウント情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はユーザーが負うものとし、当社は、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、一切の責任を負いません。

第5条 禁止行為
当社は、ユーザーに対し、次に掲げる行為をいずれも禁止します。
(1) 法令もしくは公序良俗に違反する行為または犯罪行為に関連する行為
(2) 第3条第1項に定めた目的以外の目的で本サービスを利用しようとする行為
(3) 当社または第三者の知的財産権、名誉権、プライバシーの権利その他の権利または利益を侵害する行為
(4) 他のユーザーのアカウント情報を利用して他のユーザーになりすます行為
(5) 同一人が複数のアカウント情報を利用して複数人であるかのように振る舞う行為
(6) 当社の事前の承諾なく、本サービスと同一もしくは類似のサービスまたは本サービスに付随するサービスを構築または運営する目的で本サービスを利用する行為
(7) 前号に定めるほか、本サービスを営利目的で利用する行為
(8) 本サービスのシステム等に過度な負荷をかける行為その他の本サービスの運営を阻害するおそれのある行為(本サービスに関連するサーバその他の機器への不正なアクセス行為を含みますが、これに限られません。)
(9) 本サービスを通じ、以下のいずれかに該当する情報を送信すること
・ 真実と異なる内容(直接経験していない出来事に関して直接経験したかのように表現するものを含みますが、これに限られません。)を含む情報
・ コンピューター・ウイルスその他の有害なプログラムを含む情報
・ 過度に暴力的、残虐またはわいせつな表現を含む情報
・ 差別を助長するおそれのある表現を含む情報
・ 自殺を含む自傷行為を助長するおそれのある表現を含む情報
(10) 当社が禁止行為として指定し、当社ウェブサイト上で公表した行為
(11) 前各号の行為を惹起または容易化する行為
(12) 上記の他、当社が不適切と客観的理由に基づき合理的に判断する行為

第6条 本サービスの利用停止
当社は、ユーザーが次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、当該ユーザーによる本サービスの全部または一部の利用を直ちに停止し、または当該ユーザーが本サービス上で送信した一切の情報を削除できるものとします。
(1) 本規約に違反した場合または本規約に違反する恐れのある場合(本規約に定める禁止行為を行った場合を含みますが、これに限らないものとします。)
(2) アカウント情報が第三者によって使用されている場合、または、その恐れがあることが判明した場合

第7条 利用契約の解除
1. ユーザーが以下の各号のいずれかに該当する場合、当社は事前の通知および催告を行うことなく、直ちに当該ユーザーとのサービス利用契約を解除し、または当該ユーザーが本サービス上で送信した一切の情報を削除できるものとします。
(1) 前条に基づく利用停止措置を受けた日から1か月以内にユーザーが当社の判断の誤りを立証しない場合
(2) 前条に基づく利用停止措置を受け、当社から期間を定めた催告を受けたにもかかわらず、当該期間内にその原因を解消しない場合
(3) ユーザーが当社に申告した情報の中に虚偽の情報が含まれることが判明した場合
(4) 当社からの連絡に対して1か月以上応答がない場合
(5) ユーザーが反社会的勢力等である、または反社会的勢力等との何らかの交流もしくは与を行っていることが判明した場合
(6) 前各号に定めるほか、当社がユーザーによる本サービスの利用の継続を適当でないと客観的理由に基づき合理的に判断した場合
2. 前項各号のいずれかの事由が生じた場合、ユーザーは、当社に対する債務の一切について当然に期限の利益を失うものとします。
3. 当社は、本条に基づく当社の行為によってユーザーに生じた損害について、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、一切の責任を負わないものとします。

第8条 本サービスの停止、中断または終了
1. 当社は、ユーザーに事前の通知をすることなく、本サービスの内容をアップデートできるものとします。
2. 当社は、当社の判断により、本サービスの全部または一部の提供を終了できるものとします。この場合、当社は、当社所定の方法により、ユーザーに対して事前に公表または通知します。
3. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に公表および通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を、一時的または長期にわたり、中断できるものとします。
(1) 本サービスの提供に使用される通信機器設備その他の一切の資源について、保守作業を定期的にまたは緊急に行う場合
(2) インターネット回線その他の通信回線の不通
(3) 火災、停電、天災地変、暴動その他の不可抗力により、本サービスの運営を継続できなくなった場合
(4) その他、当社が停止または中断を必要と客観的理由に基づき合理的に判断した場合

第9条 解約手続
ユーザーは、当社所定の手続によって当社に通知を行うことにより、当該通知が当社に到達した日をもって、サービス利用契約を解除することができるものとします。

【アカウントの削除方法】
BiiMiiアプリの [マイページ] より、[アプリ情報] を選択し[アカウント削除] をタップします。[削除]を選択するとアカウントは削除されログインできなくなります。
注: 複数のBiiMiiアカウントをお持ちの場合、そのうちの 1 つを削除しても他のアカウントは削除されません。

第10条 権利の帰属
1. 本サービスに関する知的財産権はすべて当社または当社に利用許諾を行っている者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスの利用に必要な範囲を超えて本サービスに関する知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
2. 本サービスにおいてユーザーが送信を行った文章、画像、動画その他のデータ(以下本項において「ユーザー送信情報」といいます。)に関し、当社は、本サービスの提供および改善、当社における新商品および新サービスの開発、ならびにユーザーを特定できない形での統計情報等の作成および提供のために無償で利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他の利用を含みます。)できるものとします。なお、当社はユーザー送信情報を保存する義務を負うものではなく、いつでもその全部または一部を削除できるものとします。また、当社はかかる情報の削除に基づきユーザーに生じた損害について、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、一切の責任を負いません。

第11条 非保証および免責
1. ユーザーは、本サービスが現状有姿で提供されるものであることを理解した上で本サービスを利用するものとします。当社は、本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証しません。また、当社は、本サービスが外部サービスと連携することについても保証しないものとします。
2. 当社は、本サービス上で表示される動画その他のコンテンツの内容(パートナーを含む飲食店の定休日、所在地に係る地図情報、営業時間その他の情報を含みますが、これに限られません。)の正確性、最新性および完全性を保証しません。また、当社は、パートナーに対し、パートナークーポンを提示するユーザーに対して当該パートナークーポンに関して当該パートナー自身が本サービス上で表示する内容の経済的利益を付与するように要請するものの、パートナークーポンを使用することによってユーザーが享受できる経済的利益の内容については保証しません。ユーザーは、パートナーによってパートナークーポンの利用が拒絶された場合であっても、当社の責に帰すべき事由があるときを除き、当社に対して如何なる責任も追及できないものとします。但し、ユーザーは、パートナーによってパートナークーポンの利用が拒絶された場合には、当社に対してパートナーへの警告の検討を要請できるものとします。
3. 当社は、ユーザーによる本サービスの利用がユーザーに適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合することを保証するものではありません。
4. 当社は、本サービスがユーザーの使用する情報端末(以下本項において「ユーザー使用端末」といいます。)に対応していることを保証するものではなく、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、ユーザー使用端末における本サービスの利用によって生じる本サービスまたはユーザー使用端末の不具合その他の一切の事項についての責任を負いません。また、ユーザーは、本サービスの提供を受ける上で必要な通信環境等の準備および維持(コンピューター・ウイルスの感染の防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を含みますが、これらに限られません。)を自らの費用と責任でおこなうものとします。
5. 当社は、本サービスのアップデート、中断または終了によって生じたいかなる損害についても、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、一切責任を負いません。
6. 当社は、本サービスの利用に関連してユーザーに生じた如何なる損害についても、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、責任を負いません。また、本規約の定めに基づき当社が損害を賠償する責任を負う場合においても、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、当社は特別損害については責任を負わず、1000円を賠償の上限額とします。
7. 当社は、本サービスに関連してユーザーと他のユーザーまたはパートナーを含む第三者との間において生じた紛争等について、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、一切責任を負いません。ユーザーが、本サービスに関連して他のユーザーその他の第三者からクレームを受け、またはそれらの者との間で紛争を生じた場合には、直ちにその内容を当社に通知するとともに、ユーザーの費用と責任において当該クレームまたは紛争を処理し、当社からの要請に基づき、その経過および結果を当社に報告するものとします。また、ユーザーによる本サービスの利用に関連して、当社が第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、ユーザーは当該請求に関して当社が支出を余儀なくされた費用等を賠償しなければなりません。

第12条 秘密情報
1. ユーザーは、本サービスに関連して当社から開示を受けた情報(以下本条において「秘密情報」といいます。)について、本規約に別段の定めがある場合を除き、本サービス利用の目的以外には利用せず、第三者に対して開示しないものとします。
2. 前項の規定は、以下のいずれかに該当する情報については、適用しません。
(1) 開示を受けた際、既にユーザーが保有していた情報
(2) 開示を受けた際、既に公知となっている情報
(3) 開示を受けた後、ユーザーの責めによらずに公知となった情報
(4) 正当な権限を有する第三者から適法に取得した情報
(5) 当社から開示された情報によることなく独自に開発した情報
3. ユーザーは、サービス利用契約が終了した場合または当社から要請された場合には、秘密情報を記録した媒体の一切について、当社の指示に従い、返還または廃棄を行うものとします。

第13条 連絡および通知
当社とユーザーとの間の通知または連絡は、当社所定の方法によって行うものとします。当社が、ユーザーが本サービスを通じて当社に提供した連絡先に通知または連絡を行った場合には、当該通知または当該連絡は、その発信時をもって、ユーザーに到達したものとみなします。

第14条 個人情報
ユーザーから取得した個人情報について、当社は当社所定のプライバシーポリシーに従って厳重に取り扱います。ユーザーは当社が当社所定のプライバシーポリシーに従って当該個人情報を取り扱うことについて同意するものとします。

第15条 本規約の変更
1. 当社は、ユーザーの一般的な利益に適合する場合または変更がサービス利用契約の目的に反せず、かつ、変更内容が合理的である場合は、本規約をユーザーの同意なく変更できるものとします。当社は、本規約を変更する場合には、変更後の本規約の効力発生時期および内容を当社の運営するウェブサイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、またはユーザーに事前に通知します。
2. 前項の場合のほか、当社は、当社が必要と認めた場合に、ユーザーの同意を得て本規約を変更できるものとします。当社がユーザーに対して本規約の変更内容を通知し、当該変更内容の通知後、ユーザーが本サービスを利用した場合には、当該ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

第16条 完全合意
本規約は、本規約に含まれる事項に関する当社とユーザーとの完全な合意を構成し、口頭または書面を問わず、本規約に含まれる事項に関する当社とユーザーとの事前の合意、表明および了解に優先します。

第17条 分離可能性
本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社およびユーザーは、当該無効もしくは執行不能の条項または部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効もしくは執行不能な条項または部分の趣旨ならびに法律的および経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

第18条 契約上の地位の譲渡等
1. ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、サービス利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとします。
2. 当社が本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合、当社は当該事業の譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利および義務を当該事業譲渡の譲受人に譲渡できるものとします。

第19条 存続規定
サービス利用契約が解除その他の理由によって終了した場合であっても、本規約第4条から第8条まで、第10条から第13条まで、第14条、および第18条から第20条までの規定はサービス利用契約の終了後も当社およびユーザーの間の法律関係に有効に適用されるものとします。

第20条 準拠法および管轄裁判所
1. 本規約およびサービス利用契約の準拠法は日本法とします。
2. 本規約またはサービス利用契約に関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2023年5月12日制定】